歯を長持ちさせるには?何をすればいい?

歯の予防治療や定期検診は積極的に行く方が歯が長持ちする?

歯科学の歴史を紐解く

自分ではしっかりとケアをしているはずなのに、いつの間にか虫歯になっている。虫歯の初期症状はほとんど無く、痛みが生じ歯医者へ駆け込むのはかなり症状が進行している状態です。 歯が悪くなってしまう原因をピックアップしています。アナタにも当てはまるかも知れません。

予防歯科ってどんな事をするの?

一言で歯医者といっても様々な診療科目があり、受付している歯医者によって治療方法も異なります。出来る限り虫歯になりたくない。将来を見据えたケアをしていきたい。そんな方から支持されているのが予防歯科です。 この診療科目ではどんな治療を展開しているのでしょうか。

どうすれば虫歯にならないの?

義務教育の一環で虫歯ケア、または歯磨きケアを定期的に行いケアの軌道修正を行います。しかし大人になると誰も教えてくれませんし、自己流ケアがベースになり悪いところが分かりにくくなります。 虫歯にならない為にどんなアプローチをすべきか解いています。

なぜ歯は悪くなってしまうの?

古代から歯のトラブルに悩まされている私達ですが、ローマ時代の医療は祈祷や植物のエキスを塗るだけで今となっては全く医学とは呼べません。現代の歯学が形作られたのは19世紀のアメリカでした。

それまでは医学と歯学は同じもので括られていて、歯に関する専門的な知識を持っている医師はほんの一握りでした。1875年に医業開業試験法が誕生し、1879年にはその医業開業試験法に歯科の試験科目が追加されたのです。それから1883年には30名の歯科医師が登録され、国内にも少しずつではありますが歯医者が増えていきました。1906年に制定された医師法・歯科医師法によってこれらは完全に分離され、現在もそのままの状態になっています。

第二次世界大戦の後、日本の医学は劇的に進歩を遂げました。歯学に関しても歯学部新設はもちろんの事、歯科口腔外科学講座を開設。更には口腔外科学・顎口腔外科・歯科矯正歯科といった診療科目が誕生し深い知識が必要になりました。また虫歯・歯周病治療だけでは無く審美的な治療を求める方が増えていて、更に多くの分野を学ばなければなりません。

そんな深い知識の必要な歯学があるからこそ、私達は安心して治療を受けられます。また近年、歯に対する意識が向上していて虫歯にかかってから歯医者へ行くのではなく、虫歯になる前に予防するスタンスが増えています。そんな予防歯科を利用するに当たって、知っておいて欲しい知識をいくつか公開していますので一読下さい。

おすすめリンク

矯正歯科を藤が丘周辺で探す

矯正歯科を藤が丘周辺でお探しの方いませんか?しっかりとチョイスしないと治療が長続きしません!