歯を長持ちさせるには?何をすればいい?

>

初めての虫歯は親からもらう?

虫歯はある日突然発症し痛みを生じさせるのではありません。そもそも虫歯はミュータンス菌という細菌の一種で、母体にいる時には全く感染していません。それが親御さんとの口移しやカラトリーを共有する。キスなどで感染していきます。特に乳児は私達の様に免疫力が強くないので、あっという間に感染してしまうのです。

しかもミュータンス菌は一度感染すると完治する事はありません。但しミュータンス菌は感染するとすぐに虫歯になる訳では無く、なんらかの理由により、口腔内に存在する細菌のバランスが崩れた時に大量発生して悪さをします。

現在虫歯になっていない方にもミュータンス菌自体は存在するので、注意してケアをしなければなりません。

進行度によって変わる虫歯

私達は気軽に虫歯という名前を口にしていますが、C1~C4までの段階に分かれています。C0は虫歯にもなっていない状態で、白く濁った状態でフッ素を塗って予防する事で改善します。

C1は虫歯になってエナメル質に到着した状態です。歯の表面に穴が開いていて、食べ物が詰まりやすくなります。但し痛みが無いので、普段自分の口腔内をチェックしない方は気付かないかも知れません。C2になってやっと痛みが生じ、この段階で歯医者へ行く方が多いです。

C2は象牙質まで虫歯が到達した状態で、C3になるとそれが神経にまで達します。C3は激しい痛みで人によっては痛み止めなども効きません。C4は根っこから完全に蝕まれている状態で痛みも無く、歯としての機能もありません。


歯科学の歴史を紐解く

この記事をシェアする